よくあるご質問

2022.04.05

次年度へ残る資産(現預金)をどのように決算書に表示するのか

 期末日に現金や預金残高は通常は残ります。

これをどのように表現するかは、以下の2とおりが考えられます。
 
1.決算書の「当期収支差額」が「収入」-「支出」で計算されて表示されますので、これを別途「当期末の収支差額は次年度へ繰り越します」などの注釈で表現する。
 
2.期末の決算書(あるいは収支計算書)の支出の部の最後の「次年度繰越金」科目に計上して表現する。ただし、当期収支差額はゼロになります。
 この「次年度繰越金」へ計上するときは、「負債」の部(本来なら「純資産の部」でしょうが...)の「剰余金」あるいは「繰越剰余金」という科目を作り、これを使います。
  
振替伝票にて、現金及び預金の期末残高や期末に残留している経過勘定(未収金、未払金...など)で、以下の仕訳で入力します。
【例】期末の貸借対照表が以下のような場合
資産(借方) 負債(貸方)
①現金     8,000円
②普通預金 1,524,992円
③未収金    10,000円
④未払金         6,000円
剰余金            0円
当期正味財産     1,536,992円
資産合計  1,542,992円 負債及び正味財産合計 1,542,992円 

振替伝票にて以下の仕訳を入力します。

借方 摘要 貸方
①次年度繰越金(支出)  8,000円
②次年度繰越金(支出)1,524,992円
③次年度繰越金(支出)  10,000円
剰余金(負債)      6,000円
現金の残高(資産)
預金の残高(資産)
未収金(資産)
未払金(負債)
剰余金(負債)   8,000円
剰余金(負債) 1,524,992円
剰余金(負債)   10,000円
次年度繰越金(支出)6,000円

「次年度繰越金」及び「剰余金」を計上したあとの貸借対照表

資産(借方) 負債(貸方)
①現金     8,000円
②普通預金 1,524,992円
③未収金    10,000円
④未払金         6,000円
剰余金        1,536,992
当期正味財産          0円
資産合計  1,542,992円 負債及び正味財産合計 1,542,992円 

ちなみに、その後の新年度での開始仕訳は、

借方 摘要 貸方
①現金(資産)    8,000円
②普通預金(資産)1,524,992円
③未収金(資産)   10,000円
前年度繰越金    6,000円
現金の残高(資産)
預金の残高(資産)
未収金(資産)
未払金(負債)
前年度繰越金(収入)   8,000円
前年度繰越金(収入) 1,524,992円
前年度繰越金(収入)   10,000円
④未払金(負債)     6,000円