よくあるご質問

2017.11.24

諸口って何ですか?

 「総勘定元帳を見ていたら、相手科目が諸口となっていました。
 こんな科目作った覚えはないのですが」

 

実は「諸口」というのは科目ではありません。

仕訳の相手が複数だよ、という場合の表現なのです。

たとえばこんな伝票を作るとします。

借方 貸方
現金
100,000円
会費/1組
30,000円

会費/3組

20,000円
会費/7組 50,000円

この仕訳を、「現金」の総勘定元帳で見るとこうなります。

相手科目 借方 貸方
諸口 100,000円

相手科目の欄が「諸口」になりました。

これは、「現金」の相手科目が複数あるからです。

伝票に「現金/100,000円」と1行で書いてある以上、帳票にもそのように書き写さなければなりません。

しかし相手科目は複数あり、1行には書き切れません。

そこで相手科目を「諸口(=相手が複数ありますよ)」とするのです。

「何に使ったかわからなくなるから、諸口になると困る」という場合は、伝票の書き方を工夫します。

借方 貸方
現金
30,000円
会費/1組
30,000円
現金 20,000円

会費/3組

20,000円
現金 50,000円 会費/7組 50,000円

先ほどの伝票のように「現金」を合計額で1行にまとめてしまうのではなく、相手科目に応じた金額で3行に分けました。

仕訳が1行1行で完結した状態です。

この仕訳を、「現金」の総勘定元帳で見るとこうなります。

相手科目 借方 貸方
会費/1組 30,000円
会費/3組 20,000円
会費/7組 50,000円