よくあるご質問

2017.11.24

基本の仕訳:新年度の残高を設定する(開始仕訳)

新年度の残高を設定する(開始仕訳)

例)昨年度の残高は現金2,127円と普通預金713,504円 

借方 貸方
現金
2,127円
前年度繰越金
715,631円
普通預金 713,504円
715,631円 715,631円
解説

前年度の残高を収入として計上することで、現預金などの資産の残高を設定しています。

この伝票がないと残高0でスタートしてしまいます。

新年度開始時には必ず開始仕訳を入力してください。

 

来年分の会費の前払い(前受金)などの負債がある場合は「来年分の会費を先払い(前受金の仕訳)」もご覧ください。